株初心者向け-NISA、投資の基本知識がわかる株式勉強アプリ

send link to app

株初心者向け-NISA、投資の基本知識がわかる株式勉強アプリ



Free

「興味はあるけど何から始めていいかわからない、損をしたくない」株式投資は専門用語が多く、たくさんの知識が必要なので最初の一歩踏み出せない、と思われがちですそんなあなたは、先ず当アプリを無料でご活用ください。ネット証券会社比較・株の基礎知識・株のはじめかた手順など株初心者の方にとっても損しない便利な情報が無料。
○投資商品相性診断あなたに適した投資のスタイルをチャート式で診断します。質問に答えるだけで、あなたにピッタリの投資スタイルがわかります。
○株の基礎知識「株」の基本を簡単にわかり易く紹介専門用語や株を始めるにあたり必要な基礎をわかりやすく解説。
○項目1:株ってなに?2:株投資の種類 2-1:株投資の種類-現物取引 →株式会社が資金を集めるために発行した有価証券が株式であり    証券取引所に上場されている株式のことを現物株と呼びます。
2-2:株投資の種類-信用取引   →信用取引とは、自分のことを信用してもらうことにより現物取引よりも    売買の幅を広げることができる取引のこと。
2-3:株投資の種類-投資信託   →投資信託商品の中身は複数の株式や債権・その他の金融商品などが分散された構成で、    各投資信託のファンドマネージャーの運用方針により銘柄の組合せや構成比率が代わります。
2-4:株投資の種類-株主優待   →株を保有している株主に対して、品物やサービスを提供するもので、具体的には、食事券や農産物、遊園地の優待券など様々なサービスがあります。
2-5:株投資の種類-債券   →債券とは、国や企業などが広く一般の投資家からまとまった資金を調達することを目的として    発行するもので、「あらかじめ利率や満期日などが決められて発行される点」が株式と異なります。
2-6:株投資の種類-ミニ株   →株式売買を行うためには最低の単位があり1単元を基本に取引が行われます。    しかしながら株式投資に少額の資金しかあてることのできない投資家向けにこの1単元よりも    少ない単位で売買できる制度が設けられておりこれを「ミニ株」として売買することができます。
2-7:株投資の種類-米国株式   →取引所は日本だけでなくアメリカをはじめ世界中に数多く存在しています。    その中でも米国株は一般の投資家にとっても取引のしやすい市場となっており、アップル、    フェイスブックなど日本でも馴染みのある銘柄もたくさんあります。
2-8:株投資の種類-IPO   →IPOとは、Initial Public Offeringの略称で株式市場では新規公開株のことを指します。    新規公開株とは日本で非上場であった会社が証券取引所に上場することを言います。    IPOの上場にあたっては、いったん上場前に公募という形で一般の投資家にも投資を募ります。
2-9:株投資の種類-NISA   →nisaとは一定の取引に関して非課税とする制度です。
2-10:株投資の種類(番外編)-FX   →FXとはForeign Exchange から来ている言葉で日本語に直すと外国為替証拠金取引という意味です。    ここでFXとは為替の差を利用して狙って利益を稼いで行こうとする取引のことを言います。
3:株式投資の儲け方 →株式投資をビジネスと捉えて、損をしないように、利益を上げるためには自分なりの戦略を描きその  戦略を実践するための実力を磨いていくことが1番の近道です。
4:株式投資のリスクを知る →株式投資を行うにあたって一番意識しておきたいことはリスクで、初心者とプロの株式投資家との最大の違いは、リスクに対する向き合い方です。つまり初心者の方は儲けることを考え方行動(売買)を行いますが、プロの投資家は損をしない行動(売買)を行います。
5:株取引が出来る時間帯を知る →東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・ジャスダックと6つの証券取引所があり、いずれの取引所においても土日祝日を除く平日の日中に取引が行われていますが、実は日中の中で売買できる時間帯が証券取引所ごとに異なります。
6:資金はいくらいるの? →株式を購入するためには、株式の単価×1単元の株数に相当する資金が必要です。  つまり、1単元が1,000株である株式を単価400円で購入するためには、400円×1,000円=40万円の資金が必要です。
7:売買手数料について知る →株式の売買は個人で証券取引所に直接注文を出すわけではなく、自分で選んだ証券会社に注文を出すと証券会社が自分に変わってその注文の対応をしてくる仕組みです。従いましてこの売買手数料とは株式委託手数料ともいい、自分の取引を代わりに行う証券会社に対して株式の売買を行うたびに支払う手数料です。平成11年10月からの株式手数料が完全自由化されたことにより、今では証券会社ごとに手数料の設定が異なります。
8:株にかかる税金を知る →株式投資で得られる利益は、株式売買による値上がり益と配当金の2種類があります。  これらの利益に対してはいずれも20%の税金がかかります。
○株のはじめ方手順どんな手順で、何をしたら株式投資を開始できるのか?このアプリでは、具体的に株式投資を始めるまでの進め方をやさしく説明致します。決して、「株」を始めるのは手間でも面倒でもありませんのでまずは始めてみましょう。
○証券会社比較株式投資を開始するために、株の口座はどの証券会社で用意したら良いか?などお勧めの証券会社を紹介します。手数料の安さを基準のするのか?投資情報提供を重視するのか? など、各々の証券会社の特徴は様々ありますので、相性診断や基礎知識を学んだ後に比較をし自分の投資の方向性と合う証券会社をセレクトして下さい。
このスマホアプリでおすすめの証券会社を紹介、またワンポイントアドバイスも記載しております。
【こんな方へおすすめです】・株の情報をまとめてくれているアプリがほしい・株の専門用語を勉強できる「株 勉強アプリ」を探している・証券会社の選び方がわからない・gmoクリック証券?マネックス証券?ライブスター証券?松井証券?岡三オンライン証券?sbi証券?沢山あってわからない・株シュミレーション、体験をするよりまずは株について勉強できる初心者向け勉強アプリを始めたい・株式投資情報、株主優待情報、利益、配当の情報を知るために基本を知りたい・いざ株の売買を!専用の口座開設アプリがほしい・口座開設について詳しく知りたい・fx、バイナリーオプションと色々あるけどまずは「株」にチャレンジしたい・nisaを有効活用して資産運用をしたい・株シュミレーションやチャート、為替レート、日経平均株価専用アプリのような専用アプリではなく基礎基本を知りたい・株について人に教えてもらう機会がないので株勉強アプリがほしい・自分にあった証券会社(マネックス証券、gmoクリック証券、岡三オンライン証券、楽天証券など)を無料診断してほしい・株初心者向け勉強アプリで株式情報や株の売買、収支、株価のチェック方法の知識を得たい・nisaを利用して、損をしないでまずは少しづつ株で儲けたい・資産を増やすために株初心者向けアプリで勉強して株式投資情報を集めたい・証券会社(岡三証券、カブドットコム証券、松井証券等)をしっかり見定めたい・株の売買、株価チャートの見方、証券会社(カブドットコム証券、ライブスター証券、楽天証券)の基礎がわかる株勉強アプリがほしい・株の詳しい情報がわかる株まとめアプリがほしい・口座開設について細かく教えてくれるアプリがほしい・銘柄、配当、利益、優待など聞いたことはあるけど詳しく知らない・nisaを利用して、損しないでネットビジネスで儲けたい・株の銘柄ランキングを見てもいまいちわからない・・基礎知識まとめアプリがほしい・fxやバイナリーオプションも興味あるけどまずは株で資産運用、投資をしたい・投資信託情報(株式投資情報)について勉強したい・株の銘柄の選定基準は?岡三株?ヤフー株?選び方の基準を知りたい・自分に合った証券会社、株チェックアプリがほしい・株に関する株ゲーム(クイズ)がある勉強アプリを探している・先物取引って危険?株の取引に失敗したくないので株初心者向けアプリで勉強したい・nisaをうまく利用して株主優待を受けたい・利益率、配当金などかぶの収支に関する知識をつけたい・テレビで見た桐谷さんのように株主優待券がほしい・株の種類(例:yahoo株、岡三株、楽天株)が沢山あってわからない・fxって?利益率がいい銘柄の選び方って?株式投資ランキングは?基礎が知りたい・初心者向けの株ゲームで自分に合った診断ができる株チェックアプリがほしい
※【このアプリで紹介している証券会社】 マネックス証券 SBI証券(sbi証券) 楽天証券 カブドットコム証券 岡三オンライン証券 GMOクリック証券(gmoクリック証券) ライブスター証券
※本アプリで紹介している各証券会社とは無関係です。 各証券会社の手数料や諸条件はそれぞれの証券会社のHPにて 今一度ご確認をよろしくお願い致します。